若年ハゲの原因と対処法|今日から使える実践的な方法をご紹介!

若年ハゲに多い原因と効果的な対策|周りにバレない育毛を解説!

どうも皆さんこんにちは!暑い季節になってきましたね。

みなさん、”若年ハゲ”という言葉をご存知でしょうか。

実は近年、この”若年ハゲ”が増えてきているんです!

この記事では、“若年ハゲ”でお悩みの方や、“若年ハゲ”になりたくない方のために有力な情報をたくさん書いていこうと思います!ではいきましょう!

若年ハゲってなに?

若年ハゲの原因 画像

若年性脱毛症

俗に言う“若年ハゲ”とは10代~20代前半での「AGA(男性型脱毛症)」発症のことを指します。正式には若年性脱毛症と呼ばれています。

AGAにはそれぞれ「O字型」「U字型」「M字型」があります。

これらについては別記事で詳しく説明していきたいと思います。

日本人の薄毛・ハゲの割合

日本人の薄毛・ハゲ率はとても高い国です。

あるデータでは

日本人男性の薄毛・ハゲの割合は26.8%

アジアでトップの数字が出ています。

またあるデータでは、10代で10%、20代で26%がハゲ・薄毛の症状が出ているというデータもあります!

つまり、日本人の約5人に1人は薄毛・ハゲの悩みを抱え、さらに、10代は10人に1人・20代は約5人に一人もの人が悩んでいるのです!

この記事を見ている方の中には、薄毛・ハゲで悩んでいる方がいると思いますが、安心してください。

意外とたくさんの人が、老若問わず悩んでいるのです。

若年ハゲの原因

若年ハゲの原因 画像

ここからが本番です。

実際に若年ハゲで悩んでしまっている方必見です!!

対策を行うには、まずは原因からです。原因を突き詰めて、具体的な改善策を探っていきましょう!

実際に若年ハゲの原因となる4つの要素を見ていきましょう。

1. 過度のストレス

日本人は特に過度なストレスがかかっていると言われています。

そんな中、ストレスは若年ハゲの大きな要因とされています。

髪の毛への栄養分は血液によって運ばれます。毛根部分には毛細血管が張り巡らされ、そこから髪の毛へ栄養が運ばれます。

しかし、ストレスにより脳内が刺激されると、脳からノルアドレナリンという神経物質の分泌が促進されます。

これにより脳が興奮状態となり、神経が過敏になっていきます。さらに、ノルアドレナリン分泌により、毛細血管が縮小され、髪の毛の組織へ流れる血流が減ってしまいます。結果的に栄養分を失った髪は次第に薄毛・脱毛が進行してしまいます。

なので若年ハゲに関わらず、ストレスをためないことは薄毛・ハゲ対策に必要だと言えるでしょう。

2.生活習慣の悪化

若年ハゲの原因として、生活習慣の悪化も考えられます。

睡眠不足、運動不足は頭皮の栄養不足や血行不良を招きます。また、食生活の乱れも原因の一つで、脂っこいものや塩分の摂りすぎは頭皮に十分な栄養を与えるのを妨げ、髪の毛が成長しにくくなってしまいます。

特に若年層で多いのは、スマートフォンなどの電子端末の使用過剰による睡眠不足・運動不足や、偏った食事や過剰なダイエットによる栄養不足が考えられます。

これらの問題については、日々の生活習慣を変えていく必要があるでしょう。

まとめると、若年ハゲの原因の一つとして生活習慣の悪化があり、それらは主に睡眠不足・運動不足・食生活の乱れから生じます。

3.誤ったヘアケア

3つ目の原因は、「誤ったヘアケア」です。

髪が不潔なのはダメとわかっていても、シャンプーやドライヤーの適切なやり方を知らない人は多いのではないでしょうか。

頭皮環境を清潔に保つために、1日に何度もシャンプーをしてしまう事は逆効果といわれています。シャンプーを行いすぎると必要以上に頭皮の皮脂の分泌量が増えてしまい、毛穴が詰まったり栄養分の供給を阻害してしまうためです。

ドライヤーの使い方も要注意です。この場合、「熱」が大きな原因となります。この熱によって、髪の持つタンパク質が変化し固まってしまいます。これにより、髪の持っていた水分が失われ、髪がパサパサになってしまうのです。

シャンプーやドライヤーなどの「誤ったヘアケア」を毎日行ってしまうと、日に日に頭皮環境が悪化してしまうでしょう。この記事で「正しいヘアケア」を学び、実践していきましょう!

4.男性ホルモンに含まれる「脱毛ホルモン」

最後に、男性ホルモンに含まれる「脱毛ホルモン」をご紹介します。

これはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる、AGA(男性型脱毛症)の元凶とされる男性ホルモンです。

DHTは、テストステロン(男性ホルモンの一種)に5αリダクターゼという酵素が結びついたときに生成されます。DHTは毛髪の元となる細胞の働きを低下させる作用があります。

従って、DHTは薄毛・ハゲの大きな原因の一つといえます。

しかし反対に、テストステロンと5αリダクターゼの結びつきを防ぐことが出来れば、薄毛・ハゲの進行を抑えることができるとも言えるでしょう。

AGAについては以下の記事でより詳しい説明をしているので、是非ご参照ください。

 

具体的な対策方法

対策 画像

ここまで、読んでくれた方に朗報です。ここの記事を読めばすぐに実践できる方法をまとめたので、あなたの悩みにダイレクトに効果を発することでしょう。

今日から劇的に変化していきましょう!

1.ストレスへの向き合い方

私がもっともおすすめするのは、ズバリ「ランニングなどの有酸素運動」です!!

有酸素運動は、ストレス緩和に効果的であると言われています。有酸素運動をすることによって脳に栄養を与え、脳細胞が新しく作られたり維持するのを助けると言われています。また、脳内の信号の伝達速度が速くなることから頭の回転の速さにも大きく関わってきます。

さらに、日々「有酸素運動」を行うことで運動不足が解消され、睡眠不足の解決も望めるでしょう。

「運動」は継続することが大切です。最初は週に1回だけでもいいので、自分が出来る範囲で小さく始めてみましょう!

ストレスに対しての対処法はランニングなどの「有酸素運動」が効果的で、生活習慣の改善にも良い影響があります。是非やってみてください!

2.生活習慣の改善

ここでは「正しい食生活」について書いていきます!「正しい食生活」について、私がおすすめするのは「とにかくいろんな種類の食べ物を食べてみる」ということです。これはたくさんご飯を食べるという意味ではなく、いろんな種類の食べ物を食べるということです。こんなことを言うと栄養士の先生方に怒られそうですが、明日から始められる有用な手段なのです。

若年層で多かった原因として、偏食やダイエットによる栄養不足を挙げました。10代20代はまだ直接的に食生活が身体に影響が出にくいため、外食が多くなったりファーストフードが多くなってしまいがちです。さらに、栄養についての情報が少ないためバランスの良い食生活が送りづらいと思います。

なので、まずはきのこから野菜からいろんな食べ物を毎日食べることを心がけてみましょう。この習慣が身につけば、今まで取れていなかった栄養素を取ることが出来るはずです。是非今日から試してみてください!

3.正しいヘアケア

正しいヘアケアについて、「シャンプー」と「ドライヤー」の正しいやり方についてご紹介していきます!

<正しいシャンプーのやり方>
  1. 入念にすすぎをする
  2. お湯の温度は38度程度
  3. シャンプー剤は適量を
  4. 泡立てはしっかり
  5. 指の腹で頭皮をマッサージする
  6. しっかりとすすぐ

 

3のシャンプー剤の量については、通常1プッシュ・短髪であれば半プッシュ~1プッシュ、長髪であれば1プッシュ~2プッシュを目安にしましょう。

また、シャンプーの頻度については「1日1回」を目安にしてみてください。複数回シャンプーをすることは出来るだけ控えるようにしてみましょう!

 

<正しいドライヤーのやり方>
  1. 軽くタオルドライする
  2. ターボモードで全体をザックリ乾かす
  3. ドライヤーの出力を下げ、ブラシを使いながら整える
  4. 冷風モードで全体的に仕上げる
ドライヤーをあてる時の注意点として、吹出口から3cm以上、吸込口から10cm以上、を目安に適度に髪から離してあてるようにしましょう。

4.DHT(ジヒドロテストステロン)対策

DHTを抑制するには、ストレス対策や生活習慣の改善が効果的と考えられています。しかし、それだけでは足りないと感じる人は、サプリメントや育毛剤の使用を検討するのはどうでしょうか。

これらを使用すれば、DHTの抑制効果が見込まれている「ノコギリヤシ」の成分や、食事では摂りづらい栄養素を手軽に取り入れることが出来ます。詳しくは、別の記事で紹介していくのでそちらをご覧下さい。

まとめ

本記事のまとめ
  • 若年ハゲとは、10~20代でのAGAの症状
  • 国内の若年ハゲの割合は結構多いということ
  • 若年ハゲの原因は「過度のストレス」「生活習慣の悪化」「誤ったヘアケア」「DHTの生成」
  • 対処法は「運動」「正しい食生活」「正しいシャンプー・ドライヤーのやり方」「サプリメント・育毛剤の利用」

いかがだったでしょうか?

沢山対処法をご紹介しましたが、1つでもできそうと思ったらとにかく始めてみてください!

ここまで読んで頂きありがとうございました!!