article0018

こんにちは!

みなさん、毛活を頑張っていますか?

 

毛活で育毛剤を使っているあなた、その使い方…本当に合っているでしょうか?

どれだけ良い育毛剤を使っていても、使い方が間違っていては効果が期待できません。

 

今回は、

「自分の使い方が本当に合っているか確かめたい。」

「効果が見られないから使い方から見直したい。」

「育毛剤は買ったけど、使い方が分からない。」

という方のために、正しい使い方とその他の効果を高める方法をご紹介します!

 

この記事を読めば、正しい方法で育毛剤を使用し、

よりその効果を高められる方法を自ら実行できるようになります。

それでは早速、よくある間違いパターンから見ていきましょう!

育毛剤の使い方、よくある間違いパターン3つ

本当にその使い方でいい?よくある間違いパターン3つ

まずはよくある育毛剤の使い方の間違いパターンから!

自分が当てはまっていないか改めてチェックしてみましょう。

 

毛活をやっていると、分かっていてもついやってしまう間違いはあるものです。

これからをより良い毛活ライフにするために、一度自分を振り返ることから始めるのがおススメです。

また、今から毛活を始める方は今後スムーズなスタートが切れるように以下の点を注意していきましょう!

間違いパターン①:育毛剤の使用を継続出来ていない

どんなことでもそうですが、継続をしないと成果や効果は得られません。

育毛剤は、現在ある髪を強く太く育てること・頭皮環境を整えることを目的としているものです。

この効果がすぐに出るような魔法の商品があれば、誰も苦労はしませんよね。

 

育毛剤は毎日コツコツ続ければ、数か月後にその効果が感じられるようになると言われています。

特に高価な育毛剤を買った場合は、効果が出るまで不安になり、

「やっぱり育毛剤は効果が出ないんだ…」と、継続使用を辞めてしまうことが考えられます。

そもそも正常な毛髪の成長は1か月に平均1cmほどであり、

細く弱くなってしまった髪なら尚更、生えてきている感覚を感じにくいものです。

 

継続して数ヶ月使ってみて期待した効果が出ないのであれば、

発毛剤などその他の手段をとる必要があるのかもしれません。

まずは一度根気よく続けて使用しましょう。

間違いパターン②:育毛剤をつけるタイミング

「毎日朝出かける前に付けているのに効果が出ない。」

「ドライヤーをする前につけて、それから髪を乾かしている。」

「朝シャンの後に使用するようにしている。」

という方、いませんか?

 

実はそれ、付けるタイミングが間違っているんです!

 

まず、「毎日朝出かける前に付けているのに効果が出ない。」という方。

そもそも育毛剤というのは頭皮に直接つけるもの。

頭皮に皮脂汚れやごみが付いていない状態で付けなければ効果が期待できません。

朝は寝ている間に出ている皮脂汚れがあり、あまり浸透しない可能性があります。

1日に1回だけつけるのであれば、夜のお風呂後に付けることをおススメします!

最もおすすめなのは、1日に朝と夜の2回使用すること。

朝は日中のゴミや紫外線などから頭皮を守る目的で、

夜は成分をしっかり浸透させる目的で使うとより効果が期待できます!

 

次に、「ドライヤーをする前につけて、それから髪を乾かしている。」という方。

せっかくお風呂後に使用しているのに…非常に勿体ない使い方をしています!

確かにお風呂後ではあるのですが、

髪が濡れた状態に育毛剤を付けると育毛剤を水で薄めてしまうことになります。

また、ドライヤーをする際に水分と一緒に成分も蒸発してしまうことになって本当に勿体ない。

育毛剤は、ドライヤーをした後に頭皮に付けるのがベストなタイミング。

良い育毛剤を購入している方は特に、今すぐやり方を変えましょう!

 

では、「朝シャンの後に使用するようにしている。」という方は何がいけないのでしょうか?

先程も述べた通り、一つの理由としては1日に朝と夜に付けるほうがより効果が期待できる点があります。

もう一つの理由は、朝シャンは頭皮の皮脂を流しすぎて潤いまで奪ってしまう傾向があるということです。

育毛剤の使用前に頭皮環境を整えることは非常に大事ですが、

皮脂は日中の紫外線から頭皮を守る役割もあり、朝に取りすぎてしまうと毛活にとっては逆効果に。

朝シャンをする場合は、優しく「お湯シャン」をすることがおススメ。

お湯で洗うだけで、必要な皮脂は守りながらゴミや汚れを落とすことが出来るのでやってみてください!

間違いパターン③:つける育毛剤の量

高価な育毛剤を購入すると、ついついケチって少しずつ使ってしまいますよね。

また、逆に効果を高めようとしてバシャバシャ使っている人もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、このどちらも間違った使い方です!

育毛剤もなんでも、本体に記載されている使用量を守ることが大事です。

 

少しずつ使用している場合は、言うまでもなく効果が薄くなってしまうでしょう。

どれだけ良い育毛剤だとはいえ、正しい使い方と使用量を守った上での効果が良いという話です。

勿体ない…と思うのは分かりますが、効果が出なければ本末転倒。

しっかりと使用量分は毎回頭皮に塗りましょう!

 

「でも、バシャバシャつかって何が悪いの?」と思いますよね。

たしかに、たくさん頭皮に塗ることで効果は増大するような気がするかもしれません。

しかし定められた使用量より多く頭皮に塗ってしまうと、頭皮に水分が多くなってしまい、

乾くまでの時間がかかってしまうため頭皮で雑菌が増殖してしまう可能性があります。

これでは頭皮環境が悪化し、育毛剤の効果があまり出ないことに繋がってしまうのです。

このことから、使用量を超えた量をつけることもおススメできません!

 

育毛剤によってオススメされている使用量は異なります。

きちんと自分の育毛剤を確認して適度な使用量を守ることを意識しましょう!

育毛剤の正しい使い方

育毛剤の正しい使い方

それでは、具体的に育毛剤の正しい使い方を見ていきましょう!

基本の流れは、この通りです。

手順①:分け目を作る
手順②:作った分け目に沿って塗る
手順③:自然乾燥させる
具体的にそれぞれを以下に解説していきます!

手順①:髪の分け目を作る

育毛剤は、頭皮に直接つけて成分を浸透させることで効果が出るものです。

まずはしっかりと付けたい部分の頭皮を出すために分け目を作りましょう。

分け目を付けておくことで、育毛剤を付けた際に頭皮に直につくことができ、

その成分がより奥まで浸透することが出来ます。

 

分け目を作る際は、くしなどでくっきり作る必要はありません。

むしろその際に髪の毛を無理に引っ張ったりすることで、髪や頭皮にダメージを与えてしまうことになります。

育毛剤を付けたい部分に指でザックリと分け目を作る程度で大丈夫です!

手順②:作った分け目に沿って育毛剤を塗る

分け目を作ったら、早速作った分け目に沿って育毛剤を付けていきましょう!

この際、分け目に沿ってまんべんなく付けることが大事です。

具体的な付け方には、育毛剤のタイプによって少し違いがあるので、それぞれ解説します!

 

  • 直塗りタイプ
右の写真のような、頭皮にボトルを直接あてて塗るタイプは、頭皮に強く押し込まず、軽くトントンと塗っていきましょう。
薄毛が気になる部分を中心に、少し広めに塗るのがおススメです。
直塗りタイプの育毛剤

 

  • スプレータイプ
こちらは、写真のように頭皮に向けてミスト状の育毛剤を吹きかけるタイプです。
気になる部分の分け目1つにつき2回ほど噴射し、1回噴射ごとに頭皮に浸透させるように軽く揉みほぐしましょう。
スプレータイプの育毛剤

 

いずれのタイプも、使用量を守ることが基本です。

また、この分量を守っていれば一度手に出して少しずつ塗ってもOK。

自分がしっかりと頭皮に育毛剤を付けやすいやり方を工夫してみてください!

手順③:自然乾燥させる

育毛剤を付け終わったら、しっかりと成分が浸透するよう自然乾燥させましょう。

この時、以下のことに注意してください。

 

  • 【注意1】全体付け終わった後に揉みこまない!
    ついやりがちなのですが、全体付け終わった後に揉みこむのはNG。
    せっかく付けた育毛剤をぬぐい取ってしまうことになります。

 

  • 【注意2】温風ドライヤーで乾かさない!
    こちらは先ほども少し述べましたが、成分が蒸発してしまうためNGです。
    どうしても時間がなく、乾かさなければならない場合は冷風で乾かしましょう。
    冷風であれば、温風よりも乾燥がゆっくりで頭皮ダメージも少ないのでおススメです。

 

また、自然乾燥させている際にかゆみなどが生じた場合は、

頭皮トラブルが起こる可能性があるのですぐに洗い流しましょう。

育毛剤の使い方だけじゃない!効果を上げる前後の頭皮ケア

育毛剤の使い方だけじゃない!効果を上げる前後の頭皮ケア

育毛剤の効果を最大限に引き出すには、その使い方だけではなく前後の頭皮ケアも重要です。

育毛剤の使用前には、しっかりと頭皮環境を整える正しい方法でシャンプーを、

使用後にはより育毛剤の効果が活かされるように頭皮マッサージを行うと有効です。

それぞれのやり方を具体的に解説します!

正しいシャンプーの方法

手順①:髪をくしでブラッシングし、付着する大きなごみやほこりを落とす。
手順②:シャンプーをする前に一度しっかりとすすぐ。
手順③:シャンプーを手で泡立ててから髪を洗い、余分な皮脂汚れを落とす。
手順④:シャンプーが頭皮に残らないように洗い流す。
手順⑤:必要であればコンディショナーを用いて髪と頭皮を保湿する。
シャンプーをする前にブラッシングをしない方も多いと思います。
しかしこの時点で落とせるものは落としておいた方が、よりしっかりと頭皮を洗うことが出来ます。
また、シャンプーを泡立てずに原液をそのまま頭皮につけてしまうと、
洗浄力が強すぎて必要な潤いまでも洗い流してしまう可能性があります。
シャンプーの際に育毛シャンプーを使えば、余分な皮脂汚れは落としながらも
頭皮の潤いを守ってくれるので取り入れてみてはいかがでしょうか?

効果を高める頭皮マッサージの方法

頭皮マッサージには、文献によってさまざまな方法があります。

頭皮マッサージをすることで、頭皮が刺激され、血行が促進されます。

頭皮の血行促進は、育毛剤が与える育毛に必要な栄養素を根元まで浸透させることが出来る効果があり、

強く太い毛髪が育ちやすくなるというメリットがあります。

本記事では毛活先生が、簡単で覚えやすい方法を独自アレンジしたものをご紹介します!

 

まず、マッサージのやり方には大きく3つの種類があります。

揉捏法(じゅうねつほう):対象部位に適度な圧力をかけて揉む方法。
叩打法(こうだほう):リズミカルに手を使って対象部位を叩く方法。
圧迫法(あっぱくほう):手などを使って対象部位を適度に圧迫し、離す方法。
これらの方法を組み合わせて、頭皮がポカポカあったまる程度にマッサージをすることが基本です。
基本を守っていれば、自己流で気持ちが良いようにマッサージをしてみるのでも構いません。
一例として、毛活先生おススメのマッサージ方法をご紹介します!
手順①:両手で頭皮全体を包み込み、10回円を描くように頭皮全体を揉む。
手順②:指を立て、指の腹で頭皮を動かす感覚で、10回円を描くように揉む。
手順③:そのまま指に力を入れ、気持ちいい程度に頭皮を掴んで圧迫し、離す。
手順④:頭皮全体的に、下から頭頂にかけて拳の側面で軽く叩いていく。
(手順①~④を、頭皮全体がポカポカ温まるくらいまで繰り返す。)
あくまでも、気持ちいいと思える程度に行い、やりすぎないことが大切です。
1日に朝夜の育毛剤使用後、自然乾燥してから行うだけで効果が期待できます!
是非試してみてください!

まとめ

いかがでしたか?

 

おさらいすると、育毛剤の正しい使い方は以下の通りです。

手順①:分け目を作る
手順②:作った分け目に沿って塗る
手順③:自然乾燥させる

自分の育毛剤の使い方が間違っていないかを都度確認しながら、

前後の頭皮ケアもしっかり併せて行うことで、より育毛剤の効果を最大限に引き出しましょう!